地ビール工場への私たちの想い⑯

地ビールを仕込む人の事をブルワーというそうです。

ブルワー(Brewer) ビール醸造(製造)を担当している人の総称。 ビール職人。 ⇒ブルワーのトップ(責任者)をブルーマスター(Brewmaster)という。

ということで、うちのブルワーYの想いを聞いてください。

クラフトビールを作るにはいくつも工程があります。麦芽を粉砕したり、麦汁を絞り出したり、ろ過や煮込み、糖度やアルコール度数の計測、副原料やホップの投入、発酵や熟成の温度管理、ラベル貼りなど、利用者さんが出来る仕事が沢山あります。
一人で困難な場合は数人で交代で出来ます。ビールを作るブルワーが一緒に仕込みを行い、衛生面、品質ともに劣ることは絶対にありません。度重なる関係者の投稿が続きますが、あともう一歩。
残り日数少なくなりました。
ご協力よろしくお願い致します。

下関や山口の材料を使い、下関のクラフトビールを作ります。

クラウドファンディングの締め切りまであと9日。
目標金額500万円のところ、現在 集まった金額4,416,000円 となりました。
あと60万円弱です。どうぞ宜しくお願い致します。

ブルワー Y です。美味しいビールをつくります(*’ω’*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です